「和食」が切手に 和の食文化シリーズ第1集発行

日本郵便は11月24日から、家庭料理の基本である「一汁三菜」の献立をデザインした82円郵便切手を発行する。

鮭の塩焼、筑前煮、たくあんに梅干、秋の季節ならではの栗ご飯など、世界文化遺産にも登録された「和食」。その中でも家族の団らんで食べ継がれてきている「一汁三菜」(ごはん、主菜1品、副菜2品、汁物および漬物)を、紙粘土で作ったミニチュアで表現することで、家庭料理の温かさが伝わるようにデザインしたという。

「和の食文化シリーズ第1集」の献立は3種類。1シート10枚、820円で全国の郵便局等で販売される。

日本郵便ホームページ
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2015/h271124_t.html

(写真はイメージ)

関連記事一覧