• HOME
  • 科学・技術
  • 日産、新型スカイラインを今秋発売 高速道で手放し運転可能
日産、新型スカイラインを今秋発売 高速道で手放し運転可能

日産、新型スカイラインを今秋発売 高速道で手放し運転可能

日産自動車は16日、先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型「スカイライン」を発表した。「プロパイロット2.0」によって高速道路において、一定条件の下でハンズオフ(手放し運転)が可能になる。9月より全国一斉に発売する。

スカイラインは1957年初代から62年を迎える、日産を代表するプレミアムスポーツセダン。歴代のスカイラインには常にその時代の最先端の技術を採用しており、新型スカイラインに「プロパイロット2.0」が搭載されることになった。

「プロパイロット」とは、フロントガラスの中央上部に搭載したカメラで前方車両や車線を3次元的に捉え、その情報を元に車を自動制御する機能。運転者が設定した車速を上限に、先行車と車速に応じた車間距離を保ちながら、車線中央付近を走行するための運転操作を支援する。

この「プロパイロット2.0」によって手放し走行がが可能になる状況とは、高速道路の複数車線を走行中に、ドライバーが常に前方に注意しており、交通・自車両などの状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作できる状態にあること。そして、同一車線内を走っている状態であることだという。車線変更時には、ドライバーがハンドルに手を添えてスイッチ操作する必要がある。そのため、これはSAEインターナショナルの定義による自動運転レベル3(条件付運転自動化)までには至っていない。

新型スカイラインでは、他にも新たなコネクティッドカー(つながるクルマ)サービスを搭載。通信によりナビの地図更新が自動で行える「OTA(Over The Air)自動地図更新」や、ナビとスマートフォンの連携によりクルマに乗る前の現在地から車を降りてからの最終目的地までのシームレスな道案内を可能にする「ドアtoドアナビ」、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect」などがある。

画像提供:日産自動車
 

参考記事

日産、自動運転レベル2搭載車発売 米国、カナダで

自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す

関連記事一覧