自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す

日産、自動運転レベル2搭載車発売 米国、カナダで

日産自動車は14日、2018年後半より米国で「ローグスポーツ」、カナダで「キャシュカイ」に、自動運転レベル2の「プロパイロット」を搭載すると発表した。同社はこれまでにプロパイロットを搭載した車両を12万台以上販売しており、今後も採用車種をさらに拡大していく。

プロパイロットは、自動運転レベル2に相当し、車線維持支援、車間距離制御支援、衝突被害軽減ブレーキなどの機能がある。高速道路で同一車線を走る際、渋滞中や長時間の走行で、ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御する。

日産は日本において、2016年発売のミニバン新型「セレナ」にプロパイロットを初搭載。2017年にはポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」と、電気自動車(EV)の新型「リーフ」に搭載した。米国においては、「ローグ」と新型「リーフ」に搭載されており、発売が決まっている新型「アルティマ」にも搭載する予定。欧州では新型「リーフ」、「キャシュカイ」に搭載されている。同社は、プロパイロットを20車種に搭載、20の市場に投入する計画という。

(写真はイメージ)
 

参考記事
日産が電気自動車の年間100万台販売目指す 自動運転技術も搭載(2018/03/25)
日産、EV車新型「リーフ」に自動運転レベル2を搭載(2017/09/09)
自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す(2018/02/18)

関連記事一覧