UDトラックス、国内初公道でのレベル4自動運転実証実験を公開

日本初、北海道の公道で自動運転レベル4のトラックが走行

ボルボ傘下の大型車メーカーUDトラックスは8月29日、日本通運、ホクレン農業協同組合連合会と共同実施している大型トラックによる自動運転レベル4の実証実験を公開した。この実験では国内初となる、公道を一部含むルートでの試験走行を実施した。

自動運転レベル4は特定条件下における完全自動運転で、緊急時の対応も自動運転システムに操作を委ねる。この点が、緊急時はドライバーが操作するレベル3と大きく異なる。

今回の実験の目的は、物流の現場で深刻化するドライバー不足に対するソリューションの一例を提示すること。実証実験は8月5日から30日にかけて実施され、砂糖の原料となるてん菜の運搬業務が想定された。ルートは、北海道斜里町にある中斜里製糖工場周辺の公道から工場入口を経て、てん菜集積場、そこから加工ライン投入口へ横持ちする運搬ルートで、公道、舗装道路、未舗装道路を含むおよそ1.3km。レベル4自動運転技術を活用し、てん菜の運搬業務の無人化が試みられた。

使用車両はUDトラックスの大型トラック「クオン」をベースに開発して、RTK-GPS(リアルタイムキネマティック全地球測位システム)や走行空間センサーの3D-LiDAR、ミリ波レーダー、操舵アクチュエーターなどを搭載。走行ルートをおよそ時速20kmで自動走行した。車両にはドライバーが搭乗して不測事態への対処を確保し、公道の使用部分を閉鎖した。

実験公開の記念式典の挨拶でUDトラックスの酒巻社長は、「人手不足という大きな社会課題に、業界の垣根を超えて取り組んでいかなければならないと痛切に感じている」と語った。3社は農業の輸送効率化をはじめとする物流業界を取り巻く課題の解決に向け、今回の実験結果を検証し、各社で引き続き検討していく方針。

画像提供:UDトラックス(ドライバーがハンドルから手を離して走行している様子 北海道斜里町、29日)

 
参考記事

EV・完全自動運転車、2030年までに量産化 UDトラックス

関連記事一覧