就活2018エントリーやや早まる 「働きやすさ」大切にする学生増加傾向

就活2020 8月末時点の内々定率は82.6% マイナビ調査

マイナビは5日、2020年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象とした「2020年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の8月末時点の結果を発表した。大学生・大学院生の8月末時点の内々定率は82.6%、第三志望までの企業から内々定を得た学生は72.7%となった。

同調査は8月26~31日に、2020年3月卒業見込みの全国の大学4年生と大学院2年生、合わせて3142名(内訳:文系男子727名、文系女子1134名、理系男子735名、理系女子546名)を対象にWEBアンケートを実施したもの。

2020年卒学生の8月末時点の内々定率は、前年同月比0.8ポイント減の82.6%(2019年卒8月は83.4%)となった。文理男女別の比較では、理系学生が男子87.1%、女子88.8%と9割に迫り、文系学生(男子78.7%、女子80.4%)を上回る結果となった。

また、内々定を保有する学生のうち、第三希望までの企業から内々定を得た割合は、前年同月比4.5ポイント増の72.7%となり、志望度が高い企業から内々定を得ている学生が増えていることが分かった。

(写真はイメージ)

関連記事一覧