ソニーがCESで自社開発の電気自動車コンセプトモデルを発表

ソニーがCESで自社開発の電気自動車コンセプトモデルを発表

ソニーは米国時間の6日、世界最大級の家電・エレクトロニクス技術展示会CES2020に先立つ記者発表において、自社が開発した自動運転システム搭載の電気自動車のコンセプトモデル「VISION-S」を発表した。吉田憲一郎社長兼CEOは、「過去10年の間、スマートフォンをはじめとするモバイルが私たちの生活を根本から変えたが、次はモビリティだ」と語り、VISION-Sを披露した。

VISION-Sでは、安心・安全な自動運転の実現を支えるためのイメージング・センシング技術に注力。車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど複数種類のセンサーを合計33個配置。車内外の人や物体を検知・認識し、レベル2相当の運転支援を実現する。

また、車内での革新的なエンタテインメントを具現化するため、各シートに内蔵されたスピーカーで没入感のある立体的な音場を提供。フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを搭載した。2020年度の公道での走行実験を目指し、市販は未定という。

画像提供:ソニー

関連記事一覧