首にかけるウェラブルエアコンを提供 富士通ゼネラル

富士通ゼネラルは5月27日、首にかけることで体を効率的に冷却するウェラブルエアコン「Cómodo gear(コモドギア)」の提供を6月から開始すると発表した。主な提供先として、警備業、建設業、工場、イベント会場といった炎天下や空調が届かない環境で作業が必要となる業種を想定している。

同製品は首に装着した冷却部から頸動脈を流れる血液を冷却することで深部体温を下げ、高温下でも作業効率の低下を防止する効果が期待できる。首(冷却部)と腰(ラジエーターとバッテリー)の2カ所に装着するだけで使用できるため、冷却しながらでも作業が可能。水冷方式を採用しているため外気温の影響を受けにくく、気温35℃を超えるような暑い日も冷却できる。重量はネック部約170g、腰につけるラジエーター部とバッテリーが約670g。連続使用時間は2~4時間。

同社はさらに利便性や快適性に優れた商品の提供に向けて、新たな機能の搭載に取り組んでいくとしている。


画像提供:富士通ゼネラル(冒頭の写真はイメージ)

関連記事一覧