• HOME
  • 社会・経済
  • ヨガ研修教材「こどもヨーガサラダ」を教員・保育者向けに提供開始
「こどもヨーガサラダ」 教員・保育者向けに提供開始

ヨガ研修教材「こどもヨーガサラダ」を教員・保育者向けに提供開始

こどもカルチャーEducation.JPN(福岡市博多区)は17日、教員や保育者等の有資格者向けに、子どもヨガ研修の動画とオンラインの研修教材「こどもヨーガサラダ」の提供を9月1日より開始したことを発表した。同教材は子どものヨガ実践法を学ぶと共に、ストレスマネジメントの技を伝えるというもの。

こどもヨーガサラダは、大人のための子どもヨガ研修の動画教材。マインドフルネス・ヨーガを教育福祉医療司法現場で実践している伊藤華野氏(臨床心理士、保育士、介護福祉士)が監修した。子どもに向けた導入・言葉かけ・実践や、指導者に向けた解説とストレスマネジメントの技を提供している。動画実技と解説では捉えないパートや活用例などを、月1回のオンライン会議で直接専門家に質問することもできる。対象は子どもに関わる教育福祉司法機関の教員、保育者等。月会費は3000円で入会金は無料。

同団体は「大人が自身を大切に扱うココロのモードは、子どもを支援するココロのモードにつながる。サラダで栄養補給するようにヨガで『生きる力』を支えてほしい」としている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧