• HOME
  • 科学・技術
  • 息を用いた新型コロナ検査法「呼気オミックス」開発 東北大と島津製作所
息を用いた新型コロナ検査法「呼気オミックス」開発

息を用いた新型コロナ検査法「呼気オミックス」開発 東北大と島津製作所

東北大学と島津製作所は16日、吐く息から新型コロナウイルスを検査する手法の開発に成功したと発表した。

今回の検査手法は「呼気オミックス」と呼ばれ、呼気の中に存在するウイルスや、生体由来のタンパク質、代謝物を解析する技術。従来の新型コロナウイルスの検査方法では、鼻や口からサンプルを採取する必要があるが、本手法では自然に吐く息から診断が可能になるため、被験者の負担が軽減される。また感染の有無だけでなく、病期・病状の評価、重症化のリスク判定、予後・合併症の予測につながる情報も取得可能になるとされる。

今回の呼気オミックスは、感染症対策だけでなく、がんや糖尿病などの代謝性疾患の診断や健康管理への応用も期待されている。将来的には、在宅での健康管理・健康診断などの遠隔医療への活用を目指すという。

(写真はイメージ)

関連記事一覧