ホンダのレジェンド、世界初の「自動運転レベル3」を取得

ホンダのレジェンド、世界初の「自動運転レベル3」を取得

ホンダは11日、同社が開発した自動運行装置「トラフィック・ジャム・パイロット」を搭載した車両「レジェンド」が国土交通省より自動運転レベル3の型式指定を取得したと発表した。これにより高速道路渋滞時など一定の条件下でシステムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となる。トラフィック・ジャム・パイロット搭載のレジェンドは、今年度内に発売の予定。

自動運転レベル3では、一定の条件の下でシステムが周辺の交通状況を監視するとともに運転操作を代行する。システムが使用可能な条件から外れる場合は警報を発して直ちにドライバーに運転を交代することが求められる。

国土交通省は自動運転レベル3の市場化に向けて、国際議論を踏まえた上で2020年4月1日より道路運送車両法を改正、自動運行装置を保安基準に加えていた。自動運転レベル3が認証されたのは世界初となる。

ホンダは今まで自動運転レベル2相当の渋滞運転支援機能「トラフィック・ジャム・アシスト」を現行車両に搭載してきた。

自動運転レベル3は、アウディが「A8」に対応できるハードウェアを装備したものの、法規制の問題からソフトウェアの搭載は見送られていた。

アウディ・ジャパンが新型A8発売 自動運転レベル3対応ハードウェア搭載

自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す

ホンダ、香港AI会社と自動運転で共同研究

(写真はイメージ)

関連記事一覧