スマホで鍵をかける時代が到来

 IoT企業のフォトシンス(東京都品川区、 河瀬航大社長)は、 後付け型スマートロックロボット「Akerun(アケルン)」を4月23日より発売する。価格は税抜で36,000円。
 Akerunはスマートフォンの専用アプリを通して鍵を開錠・施錠するサービス。ドアのサムターン(つまみ)の上に取り付けたAkerun本体とスマートフォンがBluetooth(ブルートゥース)認証し、 鍵を開錠・施錠する仕組みだ。オートロック機能も備えているので鍵の閉め忘れを防止するだけでなく、ドアにスマートフォンを持って近づくだけで開錠できるため、スマートフォンさえ持っていれば鍵を持ち歩かなくてもよくなる。
 また、専用アプリを操作するだけで鍵の権限の受け渡しができるため、離れた場所にいる相手にも鍵を渡すことができるほか、相手の入退室履歴をリアルタイムで閲覧することも可能。
 現状、鍵の受け渡し業務が煩雑にならざるを得ないホテルチェーンや不動産業界においては、こうした機能は歓迎されるニーズがあると同社はにらんでいる。
 IoT(Internet of Things)とは、モノのインターネットのこと。パソコンやプリンタといった情報・通信機器以外のモノにも通信機能を持たせることで、ネットワーク越しに自動制御したり遠隔操作したりできる。

関連記事一覧