年末、訪日外国人が最も利用する空港は成田と関空

オンライン旅行検索サイトを運営するスカイスキャナージャパン(東京都千代田区)は1日、2015年の年末インバウンド旅行人気空港トップ10を発表した。同社のサイトで、12月25~31日を到着日として訪日旅行者が検索した数をランキングにしたもの。1位は成田空港、2位は関西国際空港となった。

トップ10は以下の通り。

1位 成田空港
2位 関西国際空港
3位 新千歳空港
4位 福岡空港
5位 那覇空港
6位 羽田空港
7位 中部国際空港
8位 函館空港
9位 広島空港
10位 鹿児島空港

成田空港は、国際線の乗り入れが一番多く、日本のインバウンドを支える空港となっている。関空は、近年特にアジアからの格安航空会社(LCC)の発着が増え、3年連続で2位になった。

同社は、国際線で到着する訪日旅行者のピークは27日、国内移動のピークは31日になると見込んでいる。

なお、ホテルズドットコムが10月に行った調査によると、上半期の訪日外国人旅行者の国内人気滞在先は、1位から順に東京、大阪、京都、那覇、福岡、札幌となっている。また、アウンコンサルティングが8月に行った、アジア10カ国における日本の人気観光地の検索数の調査によると、「東京」と「大阪」は10カ国すべてで人気観光地トップ5に入り、「北海道」と「沖縄」は10カ国中9カ国、「京都」は8カ国でトップ5に入っている。特に香港での大阪の人気が急上昇した。今回の人気空港ランキング結果は、これらの訪問先への人気上昇を受けたものといえる。

参考記事
訪日外国人に人気の国内旅行先は、東京、大阪、京都
大阪人気、香港で急上昇 検索数で見る日本の人気観光地

(写真はイメージ)

関連記事一覧