• HOME
  • 社会・経済
  • 「但馬牛」・「夕張メロン」など7産品が地理的表示(GI)に登録

「但馬牛」・「夕張メロン」など7産品が地理的表示(GI)に登録

農林水産省は22日、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、7つの産品を登録したことを発表した。登録された産品にはGIマークがつけられ、他の産品との差別化が図られる。

地理的表示法とは、その地域で育まれた生産方法により高い評価を得ている農林水産物・食品で、特性と産地を特定できるような名称(地理的表示)や品質基準を国に登録し、知的財産として保護するもの。今年6月1日より施行された。

今回GI保護制度により地理的表示が登録されたのは次の通り。(登録番号順)
「あおもりカシス」(青森県青森市、青森県東津軽郡など東青地域)、「但馬牛」(兵庫県内)、「神戸ビーフ」(兵庫県内)、「夕張メロン」(北海道夕張市)、「八女伝統本玉露」(福岡県内)、「江戸崎かぼちゃ」(茨城県稲敷市及び牛久市桂町)、「鹿児島の壺造り黒酢」(鹿児島県霧島市福山町及び隼人町)

GIマークがついた産品は、国から「お墨付き」を受けたことで、真正な地理的表示産品であることが証明されるため、生産業者の利益の保護と増進に大きな期待が寄せらせる。今回登録された7品の他にも多くの産品が申請されており、今後GIマークを目にする機会が増えるかもしれない。

「但馬牛」・「夕張メロン」など7産品が地理的表示(GI)に登録

(写真はイメージ)

関連記事一覧