JAL、「時間通りの運行」で世界1位

7日に米フライトスタッツ社が発表した2015年の主要国際航空会社の定時到着率ランキングで、日本航空(JAL)が1位、全日本空輸(ANA)が3位となった。

同ランキングは、到着予定時刻に対して遅延15分以内での到着完了率を比較したもので、JALは89.44%、2位はスペインのイベリア航空(スペイン)が88.97%、3位のANAは88.88%だった。

4位以降は、4位KLMオランダ航空(87.88%)、5位オーストリア航空(87.68%)、6位デンマークのスカンジナビア航空(87.42%)、7位ブラジルのTAM航空(85.98%)、8位オーストラリアのカンタス航空(85.49%)、9位ドイツのルフトハンザ航空(84.42%)、10位コロンビアのアビアンカ航空(84.34%)だった。

アジア太平洋圏内の主要航空会社のランキングでは、1位JAL、2位ANA、3位ヴァージン・オーストラリア航空、4位カンタス航空、5位シンガポール航空。北米のランキングでは、1位アラスカ航空、2位ウエストジェット航空、3位デルタ航空、4位ヴァージン・アメリカ航空、5位サウスウエスト航空だった。

(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧