仙台うみの杜水族館でペンギン祭り開催中

2015年7月に開館したばかりの仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)が、1月16日~3月6日まで「ペンギン祭り」を開催している。ペンギンのパレードや、生態の解説、触れ合いといった企画を通して、ペンギンたちをより身近に感じることができるイベントを行っている。

「ペンギンスノーパレード」では、ペンギンたちが観覧ゾーンに設置された雪の上を歩いてパレードする。参加するペンギンはイワトビペンギン、ケープペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、マゼランペンギン。雪は「蔵王町」、「みやぎ蔵王えぼしリゾート」の協力で設置されたもの。

このほか、「空想飼育講座ペンギン編」は、展示室全体をワンルームの生活空間に見立て、ペンギンを自宅で飼育することになったらどのような世話が必要かを解説する。ペンギンの体や生態について知ることができる。「フレンドリータイムペンギン」は、ペンギンが観覧ゾーンに登場して直接触ることができ、手触りや息づかいを感じることができる。

「世界のうみのごはんタイム」では、フェアリーペンギン、バイカルアザラシ、ウミガメにエサをやるところを飼育スタッフの解説付きで披露する。他にもオプションプログラムとして、ペンギンたちのお部屋へ案内される「ペンギンツアー」などがある。ショップではペンギンのイラストが描かれたペンギンマシュマロも販売されている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧