• HOME
  • 国際 , 特集
  • 旧正月の過ごし方 チャイニーズ・ニューイヤー・パーティーに初参加

旧正月の過ごし方 チャイニーズ・ニューイヤー・パーティーに初参加

2月8日。今年も旧暦の正月がやってきた。この旧暦の正月は春節といい、アジア圏では最も重要とされる祝祭日だ。月の満ち欠けを基準にしている太陰暦では、毎年元日の日付が変わる。日本でも明治6(1873)年に太陰暦からグレゴリオ暦に改暦するまでは、この旧正月を祝っていたが、近年では日本で旧正月を祝う人は少ない。しかし、日本以外のアジアの国に目を向けてみると、今でも旧正月を新暦の正月よりも盛大に祝っており、一年の中で大切にされている日のようだ。

旧正月をどのように過ごすものなのか、筆者の中国人の友人たちに聞くと、「旧正月期間中に最低1日は休みを取り、家族と美味しいものを食べて過ごす」と言っていた。その中国人の友人が自宅での「チャイニーズ・ニューイヤー・パーティー」に招待してくれたので、初めて参加してみた。食卓にはラム肉をメイン具材に野菜や魚介がずらりと机の上に並び、賑やかな正月の雰囲気の中で、招待客が湯気の上がる火鍋を囲んだ。

中国本土では、大晦日に当たる前日の夜に「中国中央電視台春節聯歓晩会」という、日本でいうところの紅白歌合戦のような年越しのカウントダウン番組の生中継を家族みんなで観て、その後、日付が変わる頃に花火や爆竹を観に外出し、家に戻ると餃子を作る、というのが定番の過ごし方だそう。

家族や大切な人たちと食卓を囲みながら、一年を振り返る区切りの日。新しい一年も、幸せな一年になることを祈った。

 
旧正月の過ごし方 チャイニーズ・ニューイヤー・パーティーに初参加

旧正月の過ごし方 チャイニーズ・ニューイヤー・パーティーに初参加

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧