JAL ヒト型ロボットが接客対応へ 羽田で実証実験開始

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は8日、羽田空港内で対話型のロボットによる接客業務などの実証実験を行うと発表した。

羽田空港第1旅客ターミナルのJALインフォメーションカウンターではロボットが旅行客へ空港施設の案内や航空機の運行状況、行き先の天候や口コミ情報を対話形式で行う。このほか、保安検査場前では締め切り時刻のアナウンスを行い、人間とロボットが連携して旅行客の搭乗を促す。さらに、英語や中国語による訪日外国人向けの接客対応についても検証する。

実証実験で使用するロボットは仏アルデバラン社製の人形ロボット「NAO(ナオ)」。身長58cmと小柄だが、動きの自由度や他言語対応が可能だ。実証実験の期間は2月9 ~18日まで。

 
JAL ヒト型ロボットが接客対応へ 羽田で実証実験開始
対話形式による接客業務を行う(画像提供:JAL,NRI)

JAL ヒト型ロボットが接客対応へ 羽田で実証実験開始
空港スタッフとサービスロボットが連携し保安検査場前での締め切り通知業務を行う(画像提供:JAL,NRI)

 
(冒頭画像提供:アルデバラン社)

Facebook Like!

関連記事一覧