花便り~スイートピー

花屋に春を呼ぶスイートピー。いちばんカラフルで、甘い香りを放っている。

その甘い香りが名前の由来となっている。英語では「sweet pea(スイートピー)」で、「スイート」な「ピー」=「甘い豆」、また「香りある豆」という意味でマメ科の植物だ。よく見るとマメ科特有のつるがある。

スイートピーは、和名では「じゃ香連こうれんそう」、「麝香豌豆じゃこうえんどう」などと呼ばれる。原産はイタリア南部やシチリア島で、日本へは幕末に渡来した。

スイートピーと聞くと、あの有名な歌を思い出して赤いスイートピーを探したくなるところだが、はっきりした赤色の花は、歌の流行後に品種改良して作られたものだという。

余談だが、「ピー」と言って思い出すものはピーナッツ。これは「豆(ピー)+木の実(ナッツ)」という意味だが、「落花生」ともいうように、木になる実ではなく一年草で、実は花が地に落ちて地中にできる。

蝶のようなひらひらした繊細な花びら。縦長の花瓶に一輪だけ活けても、その優美さと甘い香りを楽しむことができる。

花言葉:繊細、優美、デリケートな喜び
スイートピー:マメ科レンリソウ属(ラティルス属)の一年草または宿根草

花便り~スイートピー

花便り~スイートピー

花便り~スイートピー

関連記事一覧