花粉シーズン到来!関東、九州南部から突入

ウェザーニューズは12日、関東と九州の一部で花粉シーズンに入ったと発表した。東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、宮崎県、鹿児島県で基準値以上の花粉飛散が観測され、今後も徐々に飛散が増える見込み。関東では前年より3日早い到来となった。

13~14日にかけて、日本海を低気圧が発達しながら進み、全国的に強風となり、さらに温かい風が南から流れ込むことで気温の上昇が見込まれるため、花粉飛散が増える可能性がある。まだ花粉シーズンに入っていない地域在住者も、対策を講じる必要があるだろう。

環境省では、全国の花粉飛散状況を把握できる「花粉観測システム(愛称:はなこさん)」を2007年から運用している。(2016年度の運用は3月上旬予定)花粉量の最新情報のほかにも、表やグラフで飛散量の時系列変化の情報や、気象データと組み合わせて花粉が飛散しやすい方向などの情報などを幅広く公開しているため、対策しやすくなるだろう。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧