JALとANA、2016年4〜5月分の燃油サーチャージを無料

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が、4月1日~5月31日に日本発の旅程で発券する分の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を無料にする。9日にJAL、10日にANAが続けて発表した。

燃油サーチャージは、シンガポールケロシン市況価格をベースに2カ月ごとに見直されており、燃油価格6000円未満で適用なしとなる。2015年12月から16年1月の市況価格2カ月平均が、直近の原油価格低下により1バレル5163円(42.98ドル)となったため、2009年9月以来、約6年半ぶりに「燃油サーチャージゼロ」が実現する。

現行の往復価格と比較して、韓国では600円、中国などの近距離路線では3000円、欧米や中東など遠距離路線では1万4000円程度安くなる。

※1ドル=120.14円で換算。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧