フェイスブックが通信インフラ共同プロジェクト 世界30社が参画

米フェイスブック(Facebook)は現地時間21日、通信事業者やシステム会社、テクノロジー企業などが協力し、既存の通信インフラを再構築するプロジェクト「Telecom Infra Project(TIP、テレコム・インフラ・プロジェクト)」を立ち上げたと発表した。

スタート時は、米インテル(Intel)やフィンランドのノキア(Nokia)、ドイツテレコム(Deutsche Telekom)、韓国のSKテレコム(SK Telecom)など約30社が参画する。

現在の4G通信からさらに進んだ、大量高速通信技術の第5世代(5G)通信の技術開発に共同で取り組むことにより、技術革新のハードルを下げ、グローバルな共通化などの効率化を実現するのが狙い。

なおTIPは、フェイスブックが中心となって進めるインターネット普及促進団体「Internet.org(インターネット・ドット・オーグ)」の一環という位置付けとなっている。現在はフィリピンにおいて、同国の大手キャリア・グローブ(Globe)社と共同して、移動通信が届かない小さな村へインターネット網を届けるパイロットプロジェクトを推進している。

 

関連記事一覧