観光庁、宿泊施設インバウンド対応で100万円補助

観光庁は1日、インバウンド対応を行う宿泊施設に対して経費の一部を補助する「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」の公募を開始すると発表した。公募期間は4〜31日。

この補助金は、訪日外国人旅行者の急増による問題を解決するために、宿泊施設が受け入れ環境を整備することに対して支援するもの。緊急対策として、2015年度補正予算において行う。地域の複数の宿泊事業者(5者以上)等による協議会が「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通省の認定を受けられた場合、事業の経費の2分の1(上限100万円、1事業者)が支援される。補助の対象となるのは、館内および客室内のWi-Fi(ワイファイ)整備、トイレの洋式化、自社サイト・客室内の案内表示の多言語化、客室の和洋室化等が挙げられている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧