がん治療、最新放射線システム実用化へ 国立がん研究センター

国立がん研究センターは1日、がんなどの腫瘍細胞を治療する際、周辺への影響や
人体への副作用の少ない放射線治療システムが実用化段階に入ったと発表した。早ければ2016年度中に臨床試験を開始し、実用化へのステップを進めていく。

同システムはホウ素中性子捕捉療法(BNCT)と呼ばれる。薬剤(ホウ素製剤)を腫瘍細胞に集積させ放射線の中性子を照射することで、腫瘍細胞に選択的に作用する画期的な放射線治療法だ。一度の治療で済むことや副作用が少ないことで世界的に注目されている技術である。

今回のシステムは中性子の生成のためにリチウムを使用しているが、人体への悪影響が極力少ないことが特徴。一方で、融点が低いためシステム開発難易度が高く、世界的にも実用化ができていなかった。

同センターが導入したBNCTシステムは、CICS(東京都江東区)が開発したリチウムターゲットシステムに、日立製作所の子会社AccSys Technology(米カリフォルニア州)の直線加速器を用いている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧