米スターバックス NPOと連携し廃棄前食品を寄付

現地時間23日、米スターバックスは売れ残ったサンドイッチやフルーツなどの商品を食べられるうちに寄付することを発表した。米紙『USAトゥデイ』が報じた。

NPOなどと連携して全米の7600店で実施する。毎日回収車が通い、食料貯蔵所に届けられる。

「フードシェア」と名付けられたこの施策では、初年度に500万食、2021年までには5000万食の寄付を予想しており、寄付率100%を目指す。連携団体の拡大に伴い、回収された食品が必要とする個人まで安全に届けられることが課題ではあった。しかし、同社は、回収されてから個人の手元に届くまでの間の十分な品質保持方法を見い出したことにより、実際は問題なく消費されたとの声明を発表している。

同社は他社も同様の施策を実施することを望んでおり、共同施策によるコスト削減なども進めたいと考えている。また政府の2030年までの食料廃棄物半減に対する大きな一手であることをアピールしている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧