トヨタ博物館、クラシックカー・フェスティバル開催

トヨタ博物館(愛知県長久手市)は、5月29日、27回目となるクラシックカー・フェスティバルを愛・地球博記念公園(モリコロパーク) で開催する。

目玉は、一般参加車両約150台が長久手市内の公道を駆け抜けるクラシックカーパレード。近年高まっているクラシックカー人気に応え、これまでの100台から50台増やした。このほか企画展で、同博物館収蔵の「パッカード ツインシックス」(1920、米国)など1920~30年代の貴重なクラシックカー5台が園内走行を披露し、展示中は自由に写真撮影することができる。最高級パーソナルカー「ロールスロイスコーニッシュIII」(1991、英国)など各国のクラシックカー試乗体験もできる。当日は雨天決行。入場無料。

なお、同博物館では開館30周年となる2019年に向けて、常設展のリニューアルを段階的に実施している。フェスティバル当日、リニモの「乗車証明書」を提示すると博物館の当日無料招待券がもらえる。

トヨタ博物館、クラシックカー・フェスティバル開催
昨年の車両展示の様子

トヨタ博物館、クラシックカー・フェスティバル開催
2016年同乗試乗車(ロールスロイスコーニッシュIII)

トヨタ博物館、クラシックカー・フェスティバル開催
2016年同乗試乗車(ジープニー)

(画像提供:トヨタ自動車)

 
【施設情報】
トヨタ博物館
愛知県長久手市横道41-100
TEL:0561-63-5155
http://www.toyota.co.jp/Museum/
開館時間:9:30~17:00

 
参考記事
トヨタ博物館が常設展リニューアルオープン

Facebook Like!

関連記事一覧