• HOME
  • カルチャー
  • 体験プログラムを通じてサンゴ移植活動に参加 すみだ水族館

体験プログラムを通じてサンゴ移植活動に参加 すみだ水族館

すみだ水族館(東京都墨田区)は、体験プログラムを通じて沖縄のサンゴ移植活動に参加するイベント「おおきくなあれ! 1・2・サンゴ」を実施している。今回が3回目。期間は5月8日まで。

サンゴは植物でなく、サンゴ虫(ポリプ)という動物の集合体。館内に設置したサンゴの骨格をイメージした白いボードに、参加者がポリプに見立てたシールを貼り付けていき、開催期間を通して色鮮やかな”サンゴ”を作り上げていく企画を実施。シールが1,000枚貼られるごとに、オリックスが行なっているサンゴ磯再生プロジェクトの活動を通じて、沖縄の海に1株のサンゴを移植する。このプロジェクトでは毎年サンゴにちなんで合計35株の移植を目指しており、昨年は39株を移植した。

期間中にはサンゴがエサを食べる様子を観察したり、双眼鏡を使ってサンゴの生態を観察したりする企画も楽しめる。

体験プログラムを通じてサンゴ移植活動に参加 すみだ水族館

体験プログラムを通じてサンゴ移植活動に参加 すみだ水族館
(画像提供:すみだ水族館)

【施設情報】
すみだ水族館
東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
TEL:03-5619-1821
http://www.sumida-aquarium.com/
開館時間:9:00~21:00

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧