360度どこから見ても「正面」のディスプレイ 産総研が開発

産業技術総合研究所の大山潤爾研究員は、360度どの方向から見ても画像が正面を向いているように見える表示技術を用いたディスプレイを開発した。異なる角度から見ても、移動しながらでも全ての利用者に正面向きに表示されるため、公共スペースや大型施設などで、利用者が必要な情報にアクセスしやすい環境の実現が期待される。産総研が9日に発表した。

これまでの一般的なディスプレイには必ず見にくい角度や死角が存在し、表示面の正面方向から見た場合以外の見やすさは改善できていなかった。今回開発した静止画ディスプレイは、特殊なレンズ構造を使った独自の表示技術を利用することで、どの方向から見ても自分に対して正面向きに画面が表示される。
また、表示装置のサイズには制限がほとんどなく、大規模イベント会場や駅・病院などの公共施設の案内や標識から文房具や玩具まで利用が可能だという。

今後、公共施設などでの静止画ディスプレイなどを対象に2年以内の実用化を目指し、動画用のディスプレイも2020年に業務用としての実用化に向けて試作が進められている。

360度どこから見ても「正面」のディスプレイ 産総研が開発
従来の掲示方法(上)と、開発したディスプレイ(下)での表示の見え方の違い

[画像提供:産総研]

 
Facebook Like!

関連記事一覧