トヨタ、米Uberへ出資 ライドシェア領域の協業検討

トヨタは25日、タクシー配車サービス大手の米ウーバー(Uber)と、カーシェアリングなどの「ライドシェア」領域で協業検討の覚書を締結したと発表した。トヨタフィナンシャルサービス(TFS)を通じて出資することも同時に発表。海外を中心にライドシェアでの実証実験を進めていく。

TFSがリースした車両をUberに提供、その車両をUberが認定するドライバーが使用し、ドライバーが得た収入からリース料をTFSに支払う仕組みを検討している。
Uberのチーフ・ビジネス・オフィサーのエミール・マイケル氏は、「トヨタのクルマは世界各国のUberドライバーから大変好評。自動車融資プログラムの拡張をはじめ、さまざまな形で協業していきたい」とコメントしている。

今後、Uberドライバー向けの車載アプリ開発、レクサス車の条件付き販売なども検討する方針。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧