• HOME
  • 国際
  • 若者のネット依存症 「ドラッグリポート」が警告(ドイツ)

若者のネット依存症 「ドラッグリポート」が警告(ドイツ)

ドイツ連邦政府の「ドラッグと依存症リポート2016」で、12~17歳の若者の飲酒および喫煙率が全体的に低下している一方で、ネット依存症問題が深刻になっていることが明らかになった。9日付のシュピーゲル・オンライン版が報じた。

同リポートでは、若者が「意識を失うほど酔いつぶれる」飲み方をするケースは減っているものの、急性アルコール中毒で病院に運び込まれる17歳以下の未成年者の数は年間1万5500人に上るとして、「社会においてアルコールの危険性が軽視されすぎている」と警告している。ちなみにドイツでは18歳が成年で、この年からあらゆる種類のアルコール飲料の摂取が法的に可能になる。アルコール度数の低いビールやワインは、16歳から飲酒が認められている。

一方で、今回のリポートの焦点になっているのがネット依存症問題だ。ドイツ国内で50万人が、自制なくインターネットを使用する依存症的な状態にあると報告されている。特に年齢層が低いほどこの問題は深刻となっており、14~24歳では2.4%、14~16歳では4%に依存症傾向が見られ、25歳以上ではこれが0.7%に下がっている。また、6年間下降傾向にあった違法ドラッグによる死亡例が、2015年は前年比19%上昇し、1226人が亡くなっていることも報告されている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧