マイクロソフト、ビジネス向けSNS大手リンクトインを買収へ

米マイクロソフトは13日、ビジネス向けSNS(会員向け交流サイト)大手の米リンクトインを262億ドル(約2兆7800億円)で買収すると発表した。

買収は1株あたり196ドルで行われ、買収は年内に完了する見込み。リンクトインの株価は前日まで131〜132円の間で取引されていた。リンクトインのブランドや企業運営は独立して行い、現CEOのジェフ・ワイナー氏もそのまま残る。

リンクトインは世界最大のビジネスSNSで、会員はグローバルで4億3300万人、前年比19%増と成長著しい。過去数年、モバイルアプリを刷新し、ビジネスニュースを提供するなど自社サービスを強化してきた。またオンライン学習サービス会社「リンダ(Lynda.com)」の買収による市場開拓などを通して、会員のエンゲージメントや売り上げを向上してきた。

同社のナデラCEOは、「リンクトインのチームは世界のプロフェッショナルを繋ぐ魅力的なビジネスに成長してきた。買収によって、マイクロソフトの製品だけでなく、リンクトインの成長も加速することができる」と語っている。

※1ドル=106円換算

 
(画像提供:マイクロソフト)

Facebook Like!

関連記事一覧