DeNA、仏自動運転バス運行開始 8月千葉イオン内で

ディー・エヌ・エー(DeNA)は7日、自動運転車両開発企業の仏イージー・マイル社と業務提携し、2016年8月より私有地での無人運転バスの運行を開始すると発表した。第一弾としてイオンモールが導入し、イオンモール幕張新都心に隣接する豊砂公園の敷地内で同店の顧客向けに運行する。同公園はイオンモールが千葉市から管理の一部を委託されている。

無人運転バスの運行に使うのは、イージー・マイル社が開発した自動運転車両「EZ10」を利用した交通システム「ロボット・シャトル(Robot Shuttle)」。現状は日本国内では私有地のみ走行可能であるため、各種公共施設、商業施設、テーマパーク、工場などの内部における運用を進めていく。

「EZ10」は、縦約4m、横約2mの小型バス車両で、最大12人が乗車でき、車高が低いため車椅子での乗車も可能。最大速度は時速40km。

画像提供:DeNA

 
Facebook Like!

関連記事一覧