JAXA筑波宇宙センターで宇宙開発現場を学ぶ

宇宙開発現場の展示や見学ツアーができる宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで、9月25日まで企画展「JAXAってどんな研究をしているの? ~JAXA研究開発の現場に迫る!~」を開催している。JAXA研究開発部門で研究されている、宇宙開発に必要なさまざまな分野の技術について紹介する。同センターで時節ごとに企画展示している「プラネットキューブ」が会場。入場は無料。

同時に夏休み企画として8月1~12日に「サマーラボ2016」を開催。小・中学生を対象に、同センターの職員や宇宙の専門家が宇宙を題材とした授業を行う。授業内容や時間割は同センターの公式サイトで確認できる。参加はWebによる事前申込制。

同センターでは宇宙開発現場の展示・見学ツアーができるほか、展示館「スペースドーム」では、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジン、「きぼう」日本実験棟の実物大モデルの展示などが見られる。

【施設情報】
筑波宇宙センター
茨城県つくば市千現2-1-1
029-868-2023(見学案内係)
http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/
開館時間:10:00~17:00

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧