• HOME
  • 社会・経済
  • 震災復興支援「がんばるけん!くまモンGO」が運航開始 ソラシドエア

震災復興支援「がんばるけん!くまモンGO」が運航開始 ソラシドエア

ソラシドエアは、熊本地震からの復興支援のため、くまモンの復興シンボルマークを描いた飛行機「がんばるけん!くまモンGO」の運航を26日より開始すると発表した。同社が取り組んでいる“がんばろう!九州”復興支援プロジェクトの一環。運航開始の前日となった25日に熊本県庁で発表会が行われ、熊本県の公式キャラクター「くまモン」も登場した。

復興支援機(ボーイング737-800型機)は、同社が就航する全10路線で運航。機体中央に描かれた笑顔のくまモンが日本の空を飛び回る。搭乗時は、機体の前方入口で復興の旗振り役を務めるくまモンが乗客を迎える。機内には熊本県の情報誌が搭載され、客室乗務員はくまモンが描かれたオリジナルのエプロンを着用してサービスを実施するなどしてPR活動を行う。

ソラシドエアは宮崎県に本社を置く航空会社で、羽田・沖縄と九州を結ぶ国内路線を展開。これまでも九州・沖縄の地域振興を目的とした“空恋プロジェクト”などに取り組んでいる。

画像提供:ソラシドエア

 
Facebook Like!

関連記事一覧