• HOME
  • 社会・経済
  • 地産”全“消、大分のカボス入り「野菜生活」を販売 カゴメ

地産”全“消、大分のカボス入り「野菜生活」を販売 カゴメ

カゴメは、日本各地の農産物を使用した「野菜生活100」季節限定シリーズとして、16日~10月下旬まで大分県名産のカボスを使用した「野菜生活100 かぼすミックス」を発売する。カボスの香りと酸味が特長。

同シリーズは地域で生産したものを全国で消費する「地産全消」をコンセプトに、カゴメが2010年から発売している。地産全消を推進することで、日本の農家を応援するのがねらい。また同社は「笑顔をつなぐプロジェクト」として、同商品を飲んだ人が生産農家へメッセージを送ることができるサービスも展開している。(http://www.kagome.co.jp/ys100/chisan/

「かぼすミックス」のパッケージ正面には、歩道専用として日本一の高さを誇る「九重夢大吊橋」(大分県九重町)が描かれており、側面には大分かぼすマスコットキャラクターの「カボたん」がデザインされている。

季節限定シリーズは「かぼす」に続いて今後、愛知の「いちじく」、青森の「りんご」、長野の「巨峰」、高知の「土佐文旦とゆず」、栃木の「とちおとめ」が季節限定シリーズとして約1カ月ごとに登場する予定。

画像提供:カゴメ

 
Facebook Like!

関連記事一覧