• HOME
  • 社会・経済
  • リオ五輪の金メダリスト記念切手を限定販売 選手の故郷でも

リオ五輪の金メダリスト記念切手を限定販売 選手の故郷でも

日本郵便は、「リオデジャネイロ2016 日本代表選手 金メダリスト公式フレーム切手」を8日から販売開始した。リオオリンピックで金メダルを獲得した選手たちの写真を切手化したもの。

切手は、82円×5枚の1シートあたり組1400円(税込み)で販売。13日の時点で売り出されている金メダリスト切手は、水泳の荻野公介選手・金藤理絵選手、柔道の大野将平選手・田知本遥選手・ベイカー茉秋選手、体操の内村航平選手・他団体4人の計7種類。販売期間は発売開始から2週間で、今後、日本選手が金メダルを獲得するたびに新しい切手を制作する予定。

なお、東京中央郵便局での先行販売の1週間後には、選手出身県の中央郵便局でも購入できるようになる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧