クサくないタクシー「ファブタク」が全国で運行開始

タクシー国内大手の日本交通は30日、消費財大手のP&Gと共同でタクシー車内にクルマ用ファブリーズを搭載したクサくないタクシー「ファブタク」をスマートフォンアプリで指定して利用できる「ファブタク」サービスを開始すると発表した。

「ファブタク」サービスは8月30日~9月29日までの期間限定で運行し、日本交通と「全国タクシー」アプリに参加している全国1万3500台のタクシーが対象。アプリでの予約だけでなく、路上を走る空車への乗車も可能だ。同サービスは昨年12月に2000台限定で試験的な運用したところ好評を得ており、今回全国一斉に本格開始とした。

今回、P&Gが提供するのは車専用取集芳香剤『ファブリーズ クルマ イージークリップ』で、期間中はタクシーの窓に「ファブリーズTAXI」のステッカーが貼られる。

また、同社は今回のサービス開始に際し、「ファブタクのニオイ対策7箇条」を作成。車内のニオイ対策を向上させていくべき重要な課題として、「乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用」や「フロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まない」など、乗務員への消臭対策も徹底している。

ファブタクのニオイ対策 7 箇条

(1)クルマ用ファブリーズでニオイを根本から消臭
(2)乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用
(3)出車前の衣服のニオイチェック
(4)フロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まない
(5)できるだけ車内での食事をしない
(6)喫煙休憩後、最低3分の間をあけ、制服をはたいたり、うがいや深呼吸するなど車内にタバコのニオイを持ち込まない
(7)こまめな車内換気

クサくないタクシー「ファブタク」が全国で運行開始
ファブタクの目印

画像提供:日本交通株式会社 P&G

 
Facebook Like!

関連記事一覧