東京駅でヒト型ロボットの接客実験 JR東日本と日立製作所

JR東日本は26日、日立製作所と共同で東京駅におけるヒト型ロボットを活用した接客の実証実験を開始すると発表した。日立のヒト型ロボット「EMIEW3」を導入し、訪日外国人に向けた接客サービスを実現する。

期間は10月3~28日(午前10〜午後5時)。東京駅の「JR EAST Travel Service Center(東京訪日旅行センター)」で、訪日外国人の駅利用客に対して日本語・英語・中国語の3カ国語で応対する。ロボットのそばに併設したディスプレイを組み合わせ、適切な画像や動画を表示して音声案内する。

同社はIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用したサービスの研究に取り組んでいる。EMIEW3は、すでに羽田空港などの施設で接客実績を持つ。

画像提供:JR東日本・日立製作所(EMIEW3)

 
Facebook Like!

関連記事一覧