近畿大学、学食で「近大生まれのマグロ」提供

近畿大学は7日、同大で完全養殖した「近大生まれのマグロ」を学内食堂にて1日限定で提供した。マグロ丼が200円、マグロの漬け丼は350円。

近畿大学は、2002年6月に世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功し、2008年にはクロマグロ用の配合飼料も開発して「近大マグロ」として産業化している。完全養殖というのは、稚魚を天然から捕獲するのではなく、養殖施設で卵から人工孵化して養殖すること。

同大学の学生がこの成果に直接触れる機会として、2013年10月に初めて学生に低価格での提供を行い、今回で7回目。学生の福利厚生事業であるため、同大学の学生のみが対象となる。

売上金の一部は、これまでに集めた学生からの募金と合わせ、熊本地震による被災地の復興支援として日本赤十字社に寄付するという。

画像提供:近畿大学

 
Facebook Like!

関連記事一覧