• HOME
  • 社会・経済
  • 産業革新機構、ビッグデータVB「トレジャーデータ」に10億円出資

産業革新機構、ビッグデータVB「トレジャーデータ」に10億円出資

産業革新機構は8日、ビッグデータ解析プラットフォームの開発・販売を行うトレジャーデータ(米国カリフォルニア州)に対して、最大1000万ドル(約10億円)の出資をすることを発表した。このほか、SBIインベストメント、米投資会社シエラ・ベンチャーズ(Sierra Ventures)なども出資を行う。

トレジャーデータの今回の資金調達額は、総額2500万ドル(約25億円)で、これにより同社の調達総額は5400万ドル(約54億円)となった。今回の出資は、事業拡大に伴う出資段階のうち第3段階目の「シリーズC」にあたる。

トレジャーデータは、2011年に米国シリコンバレーで創業したベンチャー企業。ビッグデータ解析を安価に実施できるプラットフォームを提供する。現在は、米国のほか、日本、韓国に拠点を置いて事業展開している。

同社は今後、調達した資金をもとにシステム開発や営業、マーケティングなど各分野の総合的な強化を目指すとともに、人材確保を進めていくという。また、産業革新機構は、社外取締役をトレジャーデータに派遣することで、国内におけるビジネスの拡大もサポートしていく。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧