文京区、東京都の自転車シェアリング広域相互利用へ参加

文京区、東京都の自転車シェアリング広域相互利用へ参加

東京都環境局は21日、千代田区・中央区・港区・江東区・新宿区の5区で実施している自転車シェアリング「広域相互利用」に、文京区が参加すると発表した。文京区での事業開始は2017年1月23日。プレオープンとして1月17日~22日の期間には、文京区内の一部のステーションで無料試乗会と会員登録会を実施する。

自転車シェアリングとは、一定の地域内に複数配置されたステーションで自由に貸出・返却できる貸し自転車のシステム。借りたステーションと異なるステーションに返却することが可能。東京都は、同事業において、区境を越えて自転車の相互利用ができる「広域相互利用」に取り組んでいる。

2016年2月から千代田区・中央区・港区・江東区の4区で区境を越えて相互乗入ができる「広域相互利用」を実施してきた。ここに10月から新宿区が加わり、2017年1月からは文京区が加わることになった。なお、自転車は全て電動アシスト付きを使用する。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧