「江戸城の天守」をVRで再現 TNM & TOPPAN ミュージアムシアター

「江戸城の天守」をVRで再現 TNM & TOPPAN ミュージアムシアター

東京国立博物館(TNM)付属のTNM & TOPPAN ミュージアムシアターでは、4日から3月31日まで、現存しない江戸城の天守を再現したバーチャルリアリティ(VR)作品「江戸城の天守」を上映する。

江戸城最後の天守は徳川家光によって作られた史上最大の天守だったとされるが、明暦の大火(1657年)で焼失した。公開するVR作品では、東京の3D地図上に江戸城天守のデータを合成。図面、絵図、文化財、伝統技術をもとに、細部まで再現した。

同シアターは2013年1月に開設した東京国立博物館と凸版印刷の共同運営施設。東京国立博物館の収蔵品などの文化財デジタルアーカイブをVR技術で可視化している。300インチ大型スクリーンに4K映像を投影する。

【施設情報】
東京国立博物館
東京都台東区上野公園13-9
TEL:03-5777-8600
http://www.tnm.jp/
開館時間:9:30~17:00(月曜、年末年始休館)

TNM & TOPPAN ミュージアムシアター
東京国立博物館 東洋館地下1階
http://www.toppan-vr.jp/mt/

画像提供:東京国立博物館、凸版印刷株式会社

 
Facebook Like!

関連記事一覧