カフェめぐり 茶芸師のパフォーマンスに圧倒! 東京「四川豆花飯荘」

カフェめぐり 茶芸師のパフォーマンスに圧倒! 東京「四川豆花飯荘」

東京・新丸の内ビル6階に、本格的な中国の四川料理を楽しめる名店「四川豆花飯荘」がある。本店はシンガポールにあり、ここ丸の内店が日本初上陸となる。名物は四川料理の定番である麻婆豆腐、そして「八宝茶」だ。

ここには専属の茶芸師がいる。四川料理特有の、注ぎ口が1メートルもある湯差しを使って含椀(がいわん)と呼ばれる茶碗に湯を注ぐパフォーマンスを披露してくれる。含椀の中にはあらかじめ八宝茶の茶葉がセットされている。このパフォーマンスの正式名称は「龍行十八式」。名前の通り18種類の型式があり、さまざまなポーズを用いて頭上1メートル以上の高さから小さな茶碗に1滴もこぼさずに湯を注いでくれるのだ。高度な芸術が感じられる。ただし、何の予告もなくパフォーマンスがはじまるので、はじめてそれを目にするときには、驚愕し、圧倒され、笑ってしまうことは必至だ。たった一人の来店客のために、店に訪れた一人一人にこのようなサービスをしてくれるのは嬉しいものだ。

カフェめぐり 茶芸師のパフォーマンスに圧倒! 東京「四川豆花飯荘」
八宝茶 茶芸師のオリジナルブレンド コレステロールを下げ、血行を良くする働きがある

八宝茶もこの茶芸師が独自にブレンドしてくれたもので、紅なつめ、クコの実、菊花、百合根、龍眼、クルミ、ジャスミン、氷砂糖が入っている。コレステロール値を下げ、血行を良くする効能があるそうだ。何杯でもおかわりができる。湯をおかわりする度に茶の味が変化するのも面白い。一杯目はほろ苦くすっきりした味わいだが、杯を重ねるごとにまろみと甘みが増してくる。心憎い演出だ。フタを開けておけば、何回でも湯を注ぎに来てくれる。そして、驚いたことに、食事が終わり店を出る頃には、お茶の効能なのか、体の疲れがとれ、元気が出たのだ。このお茶は食事とは別料金で300円となる。がんばった自分へのごほうびに美味しいお茶はいかがだろうか。

カフェめぐり 茶芸師のパフォーマンスに圧倒! 東京「四川豆花飯荘」
ランチの麻婆豆腐セット1620円 鮮烈な辛味ながらも味わい深い。薬膳スープと共に

カフェめぐり 茶芸師のパフォーマンスに圧倒! 東京「四川豆花飯荘」
店内の様子

 
Facebook Like!

関連記事一覧