秋のおでかけ特集~海の貴婦人「日本丸」

帆船「日本丸」が重要文化財に指定

横浜みなとみらいに保存されている帆船「日本丸」が国の重要文化財に指定されたのを受け、20日に日本丸と横浜みなと博物館が入館無料になる。祝い事の際に国際信号旗を掲揚する「満船飾」や、親子で帆を張る企画が行われる。

日本丸は1930~84年まで船員養成の実習訓練帆船として使用された帆船。海運事業の発展に貢献したことや、関連資料が豊富で造船技術史上貴重であること、国内技術で開発された船舶用ディーゼル機関を搭載した希少な構造の船であることなどが評価され、10日の国の文化審議会の答申で重要文化財として指定された。船舶資格がある水上で保存されている船舶としては初めて。

85年から、みなとみらい21地区の石造りドックに現役当時のまま保存して一般公開しており、年に12回ほど全ての帆を広げる総帆展帆を実施する他、青少年向けの海洋教室などを開催している。

【施設情報】
帆船日本丸・横浜みなと博物館
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
http://www.nippon-maru.or.jp/
TEL:045-221-0280
開館時間:10:00~17:00(月曜・年末年始休館、日本丸の臨時休館日あり)

参考記事
氷川丸が重要文化財に 日本郵船歴史博物館で記念展を開催(2016/08/21)
秋のおでかけ特集~海の貴婦人「日本丸」(2015/09/24)

 
Facebook Like!

関連記事一覧