コンピューター囲碁大会

中国「絶芸」が日本「Zen」に勝利 コンピュータ囲碁UEC杯

電気通信大学(UEC)のコンピュータ囲碁大会が18、19日に開かれた。19日の決勝戦において中国ゲームメーカー・テンセント
が開発した「絶芸ジュエイー(Fine Art)」が日本の「Deep Zen Go(ディープゼンゴ)」を破って優勝した。

今回の大会では6カ国で開発された29ソフトを競わせた。19日には予選を勝ち抜いた上位16ソフトの決勝トーナメント戦を行った。この大会にはグーグルのAlphaGo(アルファ碁)は参加していない。

優勝と準優勝の2ソフトは26日に第5回電聖戦として、日本棋院の一力遼七段と対戦することが決まっている。なお、電聖戦は今大会で終了となる。

同大会は、電通大の共同研究グループ、エンターテイメントと認知科学研究ステーションの主催。

(写真はイメージ)

参考記事
囲碁電聖戦、日本チームの「Zen」がプロ棋士に勝利(2016/03/26)

 
Facebook Like!

関連記事一覧