• HOME
  • 社会・経済
  • 余暇を農山漁村で過ごす「グリーン・ツーリズム」を外国人にPR 熊本県
余暇を農山漁村で過ごす「グリーン・ツーリズム」を外国人にPR 熊本県

余暇を農山漁村で過ごす「グリーン・ツーリズム」を外国人にPR 熊本県

熊本県は3月31日、県内で支援している農山漁村地域での滞在型余暇活動「グリーン・ツーリズム」の取り組みを訪日外国人に紹介するパンフレットを作成した。日本語のほか、英語、中国語、韓国語版も作成し、インターネット上で公開している。

熊本県では、農山漁村の活性化を図りながら、都市住民、消費者、子供たちへ農業・農村の多面的な機能を周知啓発するなど、グリーン・ツーリズムの取り組みを推進している。今回作成したパンフレットには、民宿や観光協会、観光施設など合わせて34のグリーン・ツーリズムが体験できる施設の一覧を掲載。連絡先、体験できるプログラム、外国人向けのサービスを知ることができる。また、英語を話すことができるスタッフがいる外国人観光案内所など、言語対応についても併せて記載されている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧