能楽や日本舞踊などお稽古 東京都の「キッズ伝統芸能体験」

能楽や日本舞踊などお稽古 東京都の「キッズ伝統芸能体験」

東京都とアーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)は、今年で9回目となる子ども向けの伝統芸能体験プログラム「キッズ伝統芸能体験」を9月から実施する。能楽、日本舞踊、三曲(箏曲・尺八)、長唄について一流の実演家から指導を受け、成果を舞台で発表するプログラムで、小学生から高校生まで参加できる。

長期プログラムは約半年。9月24日に開講して、翌年3月下旬に能楽は宝生能楽堂(文京区)で、日本舞踊・三曲・長唄は日本橋公会堂(中央区)で発表する。短期間で参加できるコースとしては、中学生以上対象の3カ月のユースプログラム「伝統芸能☆ミカタ計画」、夏休みの一週間に行う「おけいこサマーキャンプ」がある。

参加申し込みは、メール・FAXか公式サイトから。長期プログラム・ユースプログラムの募集期間は6月1日~8月9日で、参加費1万5000円。おけいこサマーキャンプの募集期間は4月15日~6月27日で、参加費5千円。

「キッズ伝統芸能体験」公式サイト
http://www.geidankyo.or.jp/kids-dento/?page_id=2040

画像提供:東京都・芸団協・アーツカウンシル東京

 
Facebook Like!

関連記事一覧