• HOME
  • 国際
  • サンパウロに初のジャパン・ハウス開館 日本の魅力を発信
サンパウロに初のジャパン・ハウス開館 日本の魅力を発信

サンパウロに初のジャパン・ハウス開館 日本の魅力を発信

4月30日、ブラジル・サンパウロで世界初となる「ジャパン・ハウス」の開館式が開催された。開館式は日本の外務省とジャパン・ハウス サンパウロ事務所が開催し、6日からは一般公開も始まった。ジャパン・ハウスは日本の多様な魅力を発信することを目的として設置するもので、今後開館を予定している英ロンドン、米ロサンゼルスに先駆けて、サンパウロで最初の開設となった。

会館では、日本に関するさまざまな情報をまとめて入手できるワンストップ・サービスを提供する。また、カフェやレストラン、アンテナショップ等を設置し、民間の活力や地方の魅力を積極的に活用したオールジャパンでの発信を実現。オープンな施設にすることによって、従来日本への関心が必ずしも高くなかった人々を含めた幅広い層に対し,日本の魅力を発信し、親日派・知日派の裾野を拡大していくことを目的としている。

開館式には、麻生太郎・副総理兼財務大臣やブラジルのミシェル・テメル大統領らも参加した。

画像提供:外務省

 
Facebook Like!

関連記事一覧