府中郷土の森博物館、小惑星に命名

小惑星「Musashifuchu」と命名、府中郷土の森博物館

府中郷土の森博物館(東京都府中市)は16日、NPO法人日本スペースガード協会が発見して同館が命名を委ねられた小惑星41481番の名前が「Musashifuchu(ムサシフチュウ)」と命名されたと発表した。

同館は命名に際して、府中市民を対象として府中にちなんだ名前を公募。博物館関係者による選定会議において、「Musashifuchu(武蔵府中)」を選定し、同協会を通じて国際天文学連合に提出、4月13日に公式決定された。

この小惑星は、太陽系の火星と木星の間を回る直径約2.7kmの小さな天体で、同協会が2000年8月に「うお座」付近を観測中に発見した。約3年4カ月かけて太陽のまわりを一周し、晩秋にはおうし座の方向で17等の明るさになる。

日本スペースガード協会は、地球に衝突する可能性のある小惑星、彗星をはじめとする地球の近傍の小天体の発見と監視、研究、情報発信などの活動をしている。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧