ホンダ、ボストン大学とAIの情報セキュリティについて共同研究

ホンダ、人と協調するAI開発へ 米ボストン大と共同研究

ホンダは16日、研究開発子会社のホンダ・リサーチ・インスティチュート(HRI)が人工知能(AI)の情報セキュリティー領域において、米ボストン大学との共同研究を開始すると発表した。5月から共同研究プロジェクトを開始する。

ホンダはAI開発において“人と協調するAI”を目指しており、そのためには利用者の個人情報の収集分析が必要となり、信頼性の高いセキュリティー技術が必須となる。共同研究プロジェクトでは、利用者がどの個人情報を共有し、どの情報を共有しないかをコントロールできるデータセキュリティー技術の実現を目指す。

ホンダはセキュリティー領域の研究のパートナーとして、ボストン大学のコンピューティング&計算科学・工学ラフィク・ハリリ研究所を選出。ボストン大学総長で最高教務責任者のジーン・モリソン博士は、「プライバシー領域の研究は、コンピューターやデータサイエンス、社会科学、人文学、医療分野などの多岐にわたる領域を結び付けるものであり、共同研究の大変良い例になるだろう」と述べた。

(写真はイメージ)

参考記事
人と協調するAI ホンダと京大が共同研究を開始(2017/05/05)

 
Facebook Like!

関連記事一覧