• HOME
  • 特集
  • ご当地自慢を探せ!(21) 長崎のソウルフード「トルコライス」
ご当地自慢を探せ!(21) 長崎のソウルフード「トルコライス」

ご当地自慢を探せ!(21) 長崎のソウルフード「トルコライス」

旅の醍醐味といえば、「食」。なかなか訪れる機会のない場所に行く前に、その土地で食べるべきものについて必ず調べてしまうという人は多いだろう。

長崎の観光ガイドブックを見ると、おすすめは多岐にわたっている。伝統の卓袱しっぽく料理、海鮮丼、角煮、何といっても忘れてはならない長崎ちゃんぽん、皿うどん……と、まだ見ぬ長崎の食卓を夢見て心躍らせながらページをめくる中、発見した変わり種が「トルコライス」だ。

「トルコライス」。知らない人が名前だけを聞いたら、一体どんなライスが出てくるのかと首をかしげるだろう。トルコライスは、基本的にピラフもしくはカレーピラフとスパゲティ(ナポリタンの店が多い)、その上にとんかつを載せたもの。とんかつに代わるものとしてハンバーグ、エビフライ、コロッケ、魚フライなどを準備する店もある。メニューの名前は、エビフライトルコライス、コロッケトルコライス……と、すべてトルコライスという名前で締めくくられている。

トルコライスという名前の由来は諸説あるそうだが、その中でも3つが有力といわれている。(1)ピラフが中国、スパゲティがイタリア、とんかつがその中間に位置するトルコを表すという説、(2)今はなき、トルコというレストランがランチメニューとして始めたという説、(3)3種類のメニューが三色旗に見えることからトリコロールランチ、つまりトリコがトルコに転じたという説だ。

長崎の人々はこのトルコライスをソウルフードとして愛し親しんでいるようだ。

長崎市内では800円前後で食べることができる。パスタとピラフという炭水化物のダブルパンチを食する罪悪感を少しでも薄めヘルシーにするためか、それにスープやサラダが付いてくる場合が多い。長崎県民のソウルフード、長崎トルコライス。訪れる際は是非、食べてみてほしい。

(冒頭写真はカニクリームコロッケトルコライス)

 
Facebook Like!

関連記事一覧